青年塾北クラス23期生「十勝講座」のご案内

上甲 晃/ 2019年12月9日/ 各種ご案内, 青年塾/

地方創生における最先端農業への取り組み

十勝
そこにはNHK連続テレビ小説第100作目「なつぞら」の舞台ともなった自然が広がっている。
北海道と開拓の歴史は、切っても切り離せない。
大規模な酪農・農業で有名な十勝と呼ばれる地域である。
その歴史は途方もないほどの広い大地を地道に開拓し、害獣の被害に遭いながら「ここで一旗揚げる」という強い意志で開拓を進めた依田勉三がいる。彼をはじめとする民間人の力で、十勝の土台は築かれた。そしてそのDNAはその地にいまも引き継がれている。

平成30年における日本の農家人口は418万6千人。対総人口比は3.3%に過ぎない。
農業就業人口の平均年齢は66.8歳。労働力減少があらゆる現場で叫ばれる今
農業は高齢化と合わせて大きな問題を抱えている。
自然との共存で営むべき農業はいまでも“人手”こそが労働力の源泉である。
このままでは、“日本の農業”は衰退の道を辿ってしまう。
その解決策は、圧倒的な省力化といわゆる“きつい農業”からの脱却。
その答えが「スマート農業」

1.熱中小学校
今回の講話者の1人目である更別村の西山猛村長は、熱中小学校という場を通じて地方活性化に向けて行動できるプレーヤーを育成する事に情熱を注ぎ、「地方創生は人づくりである」と語る。
「いま、行動しないと、何かを始めないと間に合わない。今からでも遅いくらい、走りながら考えればいい。チャレンジしないと何も始まらない。命をかけています」
自らの村の将来や生き残り方を自らが考え、行動できるプレーヤーをつくっていく。
この取り組みの結果が出るのは20年以上先の事。いまの子育て世代がおじいちゃん、おばあちゃんになった時に、幸せになれる未来を今から築いている。

2.世界の最先端をいくスマート農業
講話者の2人目である岡田昌宏さんは、西山村長の教師時代の教え子であり自ら考え
チャレンジするプレーヤーの1人である
熱中小学校の1期生であり、岡田農場で農業に勤しむ傍ら新しい農業の在り方と価値を作り続けています。東京大学や農研との連携・小麦の新品種の開発や母校更別農業高校と連携した育種プロジェクト・ドローンによる調査・最先端の試験場の設置・農業のビッグデータの収拾、
トラクターなどの無人稼働、様々な企業・研究所等の中心人物・HUB役となっているのが岡田さんである。話を聞くとリアルな『下町ロケット』の話だ。
その先に見ているのは「農業を通じて地域を盛り上げたい」という高い志を持っている。

3.宇宙という夢のあるキーワードに沸いているまち大樹町
30年前から始まった宇宙構想。北海道の・・それも大樹町という小さなまちがロケット打ち上げに取り組みたいと声を上げても聞く耳を持ってくれる宇宙関連の機関はなかったといいます。
「それでも、当時の町長や周りの職員が子どもたちにとって夢のあるまちづくりである事、十勝らしい壮大なプロジェクトで地域に元気を与える事をアピールし、一歩ずつ地道な取り組みを進めてきました。あきらめなかったのは、町民の皆さんが期待を込めてまちの背中をおしてくれたから。
町内の小中高校では『大樹学』というまちを学ぶカリキュラムを展開し宇宙の取り組みを
進めています。宇宙というキーワードはこれからのスマート農業には欠かせないものとなっている。

私達、北クラス23期生は、地域創生を志とする最先端農業を知る事で、未来において私達の血となり肉となる“食”がどのように作られていくものかを学びます。またチャレンジする姿を心に刻みこれからの日本を支える事のできる“人財”となれるよう取り組んで参ります。

場所の特徴

「十勝」という地名は、管内を流れる十勝川を指すアイヌ語「トカプチ」からといわれています。それは「乳」を意味し、川口が二つ乳房のように並んでいる事に由来しています。北海道の中でも10,831.24㎢、東京都の約5つ分という広い大地十勝。そこに住む36万人の人口密度は東京都の184分の1。

講話

1.更別村村長 西山猛氏
2.合同会社更別プリディクション代表 岡田昌宏氏
3.大樹町企画商工課 航空宇宙推進室参事・航空宇宙推進室町 大塚幹浩氏

講座詳細

開 催 日
2020年1月17日(金) ~ 1月19日(日)
集合時間
2020年1月17日(金) 12:30
集合場所
〒089-2115
北海道広尾郡大樹町字美成
大樹町宇宙交流センター SORA
宿泊場所
1/17
〒089-1882
北海道広尾郡大樹町字晩成2
晩成の宿
1/18
〒089-1500
北海道河西郡更別村南1線93-38
十勝さらべつ熱中小学校
解散時間
2020年1月19日(日) 13:45
解散場所
農村環境改善センター
準 備 物
マイ箸・マイコップ・坂の上の雲6巻、7巻、8巻・入浴タオル他
服  装
トイレ清掃研修~汚れても良く、動きやすい服装
食事研修~エプロン・三角巾・手ぬぐい
朝礼を外で実施する為、温かい服装をお持ちください
※生花苗沼では、「日の出」と「御神渡り」を前にして極寒の中、朝礼をします。
参加費用
50,000円
OB・OG・一般・NW会員20,000円(仮)(全日程参加目安)
※塾生OBは実費請求とさせて頂きます。
講座リーダー
北クラス23期生 藤原拓郎
締め切り
2019年12月15日(日)
※移動方法とご参加頂ける範囲をご連絡ください。
※講座内容は部分的に変更になる可能性があります、ご了承ください。

スケジュール

時間 内容 場所
1月17日(金)
12:30~13:15 開講式 宇宙航空センターSORA
13:30~14:00 講話(大樹町企画商工課航空宇宙推進室大塚様)
14:00~14:15 宇宙航空センターSORA見学
14:15~14:45 宇宙航空センター格納庫など見学予定
14:45~16:30 ロケット作り体験⇒打ち上げ実験 宇宙航空センター公園
17:40~19:00 掃除研修 晩成の宿
19:15~19:45 夕食
20:00~20:45 温泉
21:00~21:15 めだかの学校
21:15~22:00 塾長と語る
22:00~ 就寝
1月18日(土)
6:30~7:15 朝礼 生花苗沼
7:15~8:00 朝ごはん 晩成の宿
10:00~10:45 講話:更別村 村長 西山 猛氏 熱中キャンパス
10:45~11:30 講話:合同会社更別プリディクション 代表 岡田昌宏氏
11:30~12:15 最新鋭農作業機器を見学 未定(大規模農家)
12:45~13:15 昼食 未定
1400~14:45 青年塾とは(現役生)・・⇒実践発表(22.23期生) 熱中キャンパス
15:00~16:00 上甲塾長講話(更別)⇒集客実践
16:30~17:00 嗜み研修
17:00~17:30 育み研修
17:30~18:00 ゴミの行方研究
18:00~18:30 坂の上の雲輪読
18:30~19:15 夕食 熱中食堂
19:15~20:00 懇親会(更別村長西山様・更別教育委員会 委員長荻原様参加)
20:30~21:30 温泉 福祉の里温泉
22:00~ 就寝 熱中ゲストハウス
1月19日(日)
6:30~7:00 朝礼(天候により変更) 更別霧氷スポット
7:15~8:00 朝ごはん 熱中食堂
9:00~12:00 調理研修 農村環境改善センター
12:00~12:45 食事
12:45~13:00 片付け
13:00~13:45 閉講式

青年塾関西クラス23期生「奈良講座」のご案内

上甲 晃/ 2019年11月24日/ 各種ご案内, 青年塾/

皆様におかれましては、ますますご盛栄のことと心よりお慶び申し上げます。
さて、このたび、関西クラス23期生の講座を「奈良」にておこなう運びとなりましたのでご案内申し上げます。ご多忙とは存じますが奮って参加くださいますようお願い申し上げます。

テーマ「禍福一如」~心豊かに生きるとは~

「あをによし奈良の都は咲く花の薫うがごとく今盛りなり」と万葉集にうたわれ1300年の歴史を誇る古都奈良。日本の国のはじまりを感じることができる世界遺産に囲まれ、豊かな自然、現代と昔が調和したすばらしい景色に心が癒されます。
本講座は東大寺を舞台に、そんな奈良の景色を感じながら、奈良時代から脈々と受け継がれてきた日本人の精神文化を学びます。
テーマは「禍福一如」 自分にとって“禍(不幸)”だと感じているものが、実は“福(幸せ)”と表裏一体のものである、つまり、物事は心の持ちようで幸せにも不幸にもなるという考え方です。
私たちは、どうしても禍が少なく福が多いことを願ってしまいます。成功すれば喜び、失敗すれば哀しむ。多ければ喜び、少なければ悲しむ。得れば喜び、失えば嘆く。生きていれば、必ずその人に必要な様々な禍や災難が降り注いできます。その中でどうしようもないこともたくさんあり、それが本当に辛く悲しいことであったりもし、時に運命を呪い、自分を責めることもあります。しかし、人は心を強く豊かに持つことでどのような物事もそれを正しいものへ変えようとする意志を抱くことができます。
本講座の映画で、南正文さんのお言葉に「両腕を失うことが不幸の条件ではなく、両腕を失うことが幸せの条件になるように頑張りたい」とあります。不自由な体のせいにせず、ただただ、目の前のことをやっていく姿。そこにある真摯な生きることへの強い決意と温かく豊かな心に胸が打たれます。禍と福、それはその人の捉え方次第でどちらにもなるということを教えてくれます。
東大寺「華厳宗」の教えに「あらゆる存在の本性(本質)は、とりたてて善(プラス)でも悪(マイナス)でもない。すべてのものは、本性(本質)をもたない。それがなんであるか、ということをたずねても、体得することができない。」とあります。
1300年前の華厳宗の教えと「禍福一如」という言葉。その真意は、どんなに時代が変わろうと普遍的なものとして、人の心のなかで受け継がれてきたのではないでしょうか。
真の心の豊かさとは精神性の高さであり、奢らず、慎ましく、過ぎずに、あるがままに受け入れる寛容さ、素直さ、またその生き方です。本講座で、この言葉の意味が一人一人の中で深まり、真の意味に触れ、そして自分の生き方を見つめ直すきっかけになる、そんな講座にしたいと思います。

講師紹介

東大寺福祉療育病院院長 兼、東大寺福祉事業団理事長
奈良親子レスパイトハウス代表幹事 富和 清隆氏
持続可能な在宅重症児と家族への支援について検討し、一時的に介護を肩代わりする従来のレスパイトサービスとは異なり、親子が一緒にゆったりとした時を過ごし、共に生きることの意味と喜びを再発見する機会としての「親子レスパイト」を提唱し、主治医の協力のもと、会員会費や個人からの寄付金、地元企業からの物品支援、ボアンティアの可能な活動範囲内で日帰り・宿泊親子レスパイトを行っています。

一般社団法人 南正文よろこびの種を
代表理事 南 弥生氏
「日本のマザーテレサ」として称される大石順教尼とその最後の弟子、南正文さん。共に両腕がない二人。南さんは口筆で絵を描く日本画家です。奥様である弥生さんは、常に正文さんの手となり、支えとなって寄り添い生涯をともに歩まれました。今は一般社団法人 南正文よろこびの種をの代表理事として、正文さんの絵と生き様を多くの人に届ける活動をしています。

講座詳細

日  時
2019年11月29日(金)13時~12月1日(日)17時
開 講 式
11月29日(金)13時
集合場所
南コミュニティセンターせせらぎ
奈良県生駒市小瀬町18番地
TEL 0743-77-0001
閉 講 式
12月1日(日)15時30分
解散場所
橿原文化会館 小ホール
奈良県橿原市北八木町3丁目65‐5
TEL 0744‐23‐2771
宿泊場所
生駒山麓公園ふれあいセンター
奈良県生駒市俵口町2088
TEL 0743‐73‐8880
準 備 物
マイ箸、マイコップ、マイ箸おき、マイボトル、坂の上の雲3巻・4巻、筆記用具、名刺、雨具、入浴タオル、洗顔タオル、歯ブラシ、シャンプー、リンス、ボディソープ、ドライヤー、髭剃り
(宿泊施設にアメニティグッズはございませんので各自ご持参ください)
服  装
トイレ清掃・・汚れてもいい動きやすい服装
食事研修・・エプロン、三角巾、手ぬぐい
そ の 他・・青年塾生としてふさわしい格好
※講座中は、志ポロシャツで揃えますのでスーツは不要です。
参加費用
OB・OGは実費請求とさせていただきます。
講座リーダー
関西クラス23期生 江川尚(エガワヒサシ)
そ の 他
講座内容は予告なく変更になる場合があることをご了承ください。

スケジュール

時間 内容 場所
11月29日(金)
~12:00 23期生集合 南コミュニティセンターせせらぎ
12:00~13:00 開講式設営、リハ
13:00~13:50 開講式
14:00~14:30 食事調査
14:30~15:00 はぐくみ
15:00~15:20 式片付け・食事準備
15:30~18:30 食事研修
18:30~19:20 夕食
19:20~20:10 片付け・移動(車)
20:10~20:30 チェックイン 生駒山麓公園ふれあいセンター
20:30~21:20 入浴
21:30~22:00 講座予習発表
22:00~22:30 めだかの学校
11月30日(土)
~06:00 起床・集合 生駒山麓公園ふれあいセンター
06:10~06:50 朝食
06:50~07:00 移動(徒歩)
07:00~07:20 朝礼 せせらぎの広場
07:30~08:50 掃除研修
08:50~09:00 移動(徒歩)
09:10~09:40 共同研究(私の会社のゴミの行方) 生駒山麓公園ふれあいセンター
09:40~10:50 輪読
11:00~11:40 昼食
11:40~12:30 移動(車)
12:30~12:50 特別な学び  院内見学 東大寺福祉療育病院
13:00~13:50        講話 富和清隆氏
14:00~15:30        映画「天から見れば」
15:30~15:50        講話 南 弥生氏
16:00~16:20 移動(徒歩)
16:20~17:40 体験(お手伝い)※日没16:50 奈良親子レスパイトハウス
17:40~18:30 移動(車)
18:40~19:30 夕食 生駒山麓公園ふれあいセンター
19:40~20:30 入浴
20:30~21:00 志の実践報告
21:00~22:30 塾長と語る
12月1日(日)
~06:00 起床・集合 生駒山麓公園ふれあいセンター
06:10~06:20 移動(徒歩)
06:20~06:50 朝礼 ※日の出6:40 せせらぎの広場
06:50~07:00 移動(徒歩)
07:20~08:00 朝食 生駒山麓公園ふれあいセンター
08:00~08:30 片付け・チェックアウト
08:30~09:50 移動(車)
10:00~11:40 演劇リハ 橿原文化会館
11:40~12:20 昼食(弁当)
12:20~12:50 演劇準備・受付
13:00~13:50 演劇「米百俵」
13:50~14:20 片付け・着替え
14:30~15:30 上甲塾長特別講演
15:30~16:30 閉講式
16:30~17:00 片付け・記念撮影
17:00 解散

第8次 ドングリ里親大募集

上甲 晃/ 2019年11月19日/ 各種ご案内, 震災支援活動・どんぐりプロジェクト/

青年塾・森の防潮堤ボランティア活動 ドングリを育てて、九千年後も残る 〝森の防潮堤づくり″に参加しませんか? 東北大震災の大津波は多くの尊い人命と財産を呑み込みました。この悲劇を教訓に、私たちは今までの 防

続きを読む

青年塾西クラス23期生「対馬講座」のご案内

上甲 晃/ 2019年11月9日/ 各種ご案内, 青年塾/

講座テーマ 「国境に学ぶ」 「国境の国」対馬から見える過去、現在そして未来。 突然ですが皆様は対馬のことをどのくらい知っていますか? 恥ずかしい話、私はほとんど知りませんでした。 「韓国から近い島」とか「日

続きを読む

青年塾東クラス23期生「ねむの木学園講座」のご案内

上甲 晃/ 2019年10月20日/ 各種ご案内, 青年塾/

講座テーマ 「本当の家族愛(やさしさ、そしてつよさ)」 青年塾東クラス23期生は、7月5日~7月7日、八甲田講座にて、“八甲田雪中行軍から考えるリーダーシップとは”をテーマとして、リーダーに必要な決断力、統

続きを読む

青年塾東海クラス23期生「伊勢講座」のご案内

上甲 晃/ 2019年10月12日/ 各種ご案内, 青年塾/

講座テーマ ~古きを知り、今を見つめる~ 今回の伊勢講座は、今まで青年塾の講座で重視してきた項目に加え、『神宮の杜』を起点とし、20年に一度の式年遷宮・木曳の行事、おかげ横丁の構築を知り、伊勢の住民に受け継

続きを読む

第4回青年塾お遍路さんin香川のご案内

上甲 晃/ 2019年9月21日/ 各種ご案内/

青年塾では『家族揃ってお遍路へ』を合言葉に、四国八十八ヵ所すべてまわる計画を10年掛けて実施しております。 徳島県⇒高知県⇒愛媛県とまわり、今回は香川県での開催となります。 この計画の最大の狙いは、『家族の

続きを読む

青年塾北クラス23期生「栗山講座」のご案内

上甲 晃/ 2019年9月17日/ 各種ご案内, 青年塾/

栗山講座テーマ 人と人との縁で繋がる北海道~Vol.2 夕張郡栗山町 「ハサンベツ里山」 小川があり、田んぼがあり、人の知恵がある。 鳥の声があり、虫の息づかいがあり、子どもの笑い声がある。 ここにいるだけ

続きを読む

ねむの木学園大運動会『お手伝い隊』メンバー募集のご案内

上甲 晃/ 2019年9月14日/ 各種ご案内, 青年塾/

ねむの木学園とは、女優の宮城まり子さんにより、障害を持った子供達を受け入れる施設として1968年に静岡県、掛川市に設立されました。 この学園では、集中感覚教育として、絵画・音楽・ダンス・詩・作文・茶道・工芸

続きを読む

青年塾西クラス23期生「山鹿講座」のご案内

上甲 晃/ 2019年7月23日/ 各種ご案内, 青年塾/

講座テーマ 『復活』 西クラス23期生初となる講座は、熊本県山鹿市において開催されます。 山鹿市とは、面積299.69k㎡(約300)、総人口50,399人(2018年10月) ・市の木 キンモクセイ ・市

続きを読む