お接待の心

上甲 晃/ 2002年8月26日/ デイリーメッセージ/

「一本の冷たいおしぼりを出しただけですけれども、こんなにもみんなに喜ばれるなんて」と言いつつ、一人の女性が絶句した。お遍路の途中、私たち全員に冷たいおしぼりが差し出された。炎天下、汗を全身にかいて歩いてきた

続きを読む

お遍路の心

上甲 晃/ 2002年8月25日/ デイリーメッセージ/

弘法大師にも、納経にもまったく縁のない若い人たちが、お遍路の体験をいかに受け止めるかは、私には大いに関心のあるところであった。お遍路は、トレッキングでも、ウォークラリーでもない。目標を決めて歩く行為は同じで

続きを読む

同行二人

上甲 晃/ 2002年8月24日/ デイリーメッセージ/

四国八十八ヶ所巡礼の旅は、「日本人の心の遍歴」の旅でもあった。私たちの先人は、弘法大師が開いたお遍路を通じて、時には自らの心を見つめ、時には自らを反省し、時には亡き人を思慕し、時には自らを鍛えるため、八十八

続きを読む