志の進学塾

上甲 晃/ 2004年7月23日/ デイリーメッセージ/

北海道・千歳市にある村上進学塾の塾長である村上義章さんは、゛熱い心の持ち主゛である。口癖は、「絶好調」。年齢は五十を越えているが、雰囲気は万年青年のそれだ。『青年塾』北クラスの研修の最終日は、千歳の村上進学塾を会場としてお借りした。そして、村上塾長にも話しをしてもらった。「人生、志が基本。子供達も、志を持つと、学力が飛躍的に上がる。どこの学校に入るかが人生の最終目標ではない。人生の目標として何をしようとするのか、それを決めると、勉強にも身が入るのです」。そんな村上塾長の話は、私の思いと、ぴたり一致する。

塾の中には、様々な張り紙がある。その一言一言は、子供達を励ますためのものだ。一つ一つ確認しながら読んでいくと、すべて「志を立てることの大切さ」をうたっている。

私が、住宅地の真中にある塾の建物に入ると、村上塾長が、生徒達を一人一人紹介してくれる。日曜日の昼にもかかわらず、受験生諸君は目の色を変えて、学んでいる。「将来は、看護士になりたい」、「お医者さんになりたい」などと、人生の目標をはきはきと答える。私も思わず、「がんばって」と励ましの言葉をかけたくなる。「握手してもらったら」と言う塾長の言葉に促されて、子供達は手を差し出す。私は、熱く握り返した。

塾の中の教室で、『青年塾』の諸君に、改めて志の話をした。隣との部屋の仕切りの一部は、透明のガラスになっている。私の方から、ガラス越しに隣の部屋の様子が見える。多分、その部屋にも、私の声が響き渡っているのだろうと思った。その時、一人の女の子が、そっと私達のいる部屋に入ってきた。そして、静かに、部屋の一番後ろの椅子に座って、私の話に耳を傾け始めた。

私は、間違って部屋に入ってきたのではないかと、最初のうちは思った。ところが、後から聞くと、本人が希望して、私の話を聞きに入ってきたそうだ。村上塾長によると、「隣の部屋で勉強していたら、志という言葉がしきりに聞こえてきました。いつも塾長が志のことを言っておられるので、ぜひとも志の話を聞きたかったのです」とのこと。村上進学塾の志教育の徹底ぶりを改めて教えられた気がした。

聞くところによると、いつもは、そんなに強く自己主張する子ではないらしい。その子が、勇気を奮って、「志の話を聞かせてもらっていいでしょうか」と言い出したのだから、偉い。きっとこの子は、これから伸びていくに違いない。自分の心に火がつくと、私達のもつ生命のエネルギーは爆発する。『青年塾』の諸君も、心に火がつく志を見つけてほしい。