フリマ

上甲 晃/ 2005年8月27日/ デイリーメッセージ/

「フリマ」、「フリマ」と、みんなが当たり前のように口にしている。『青年塾』サマーセミナーの企画を考える時のことである。私は、いったい何のことを言っているのだろうかと、最初のうちは首をかしげていた。やがて、「フリマ」とは、「フリーマーケット」を縮めた表現であると知った。循環型社会作りの一つの試みとして、最近各地でしきりに展開されるようになったのが、この「フリーマーケット」である。
東京・羽田空港に近い大井競馬場で開催される「フリーマーケット」で店開きをするのが、今年のサマーセミナーの柱となる企画である。サマーセミナーに参加する人達が、一人最低五点の品物を家から持ち寄った。そして、前の晩にチームごとに商品に価格付けをしたり、それぞれの店の看板や売り込みのチラシを作成して、意気揚々、総勢百人近い人達が、大井競馬場に向かった。
巨大な競馬場の駐車場が、「フリーマーケット」の売り場になる。事前に登録しておけば、指定の場所で、誰でもが店開きできる。二階建ての駐車場の一階、車一台分のスペースが、一つの店になる。『青年塾』は、十五区画を借りて、青いシートを敷き、早速店開きである。午前九時開店であるが、商品を並べ始めると、とたんに客が集まる。ただし、この客はプロだ。私達のような素人の並べる商品の中からお買い得品を買いあさり、その後、自分達の店に並べるのだ。中には、フリーマーケットで仕入れて、そのまま店を開く人もいるそうだ。
ハゲタカのような勢いで、プロが買い集める物は、商品価値が高い。私達の売り場からてきぱきと商品を買い集めた、一人のプロと思われる男が、「この売り場は素人だね。値打ち物がとてつもなく安かったり、大して値打ちのない物がべらぼうに高かったり。まちまちだ」と言う。なるほど、私達には見る目がなく、プロには鑑識眼があるのだ。
広大な駐車場には、実にたくさんの店が並ぶ。私から見ると、ほとんどがプロだ。巨大な夜店の雰囲気がある。私達のような素人が、自らの持つ不用品を並べて、「もう一度生かして誰かに使ってもらいたい」といった心の伝わる場ではない。リサイクルの運動と言うよりは、ガラクタ市の様相だ。正直なところ、見て回った範囲で、掘り出し物はなかった。
『青年塾』の人達が出店した結果は、最終的には完売。もっとも、私達のような゛素人の出店゛は、儲けが目的ではない。何とかもう一度使ってもらいたいと思っているから、最後は゛叩き売り゛できる。閉店間際には、全部で十円などといった価格をつけると、飛ぶようにさばけた。