現地(宮城県仙台市近辺)支援レポート(高瀬慎一)

上甲 晃/ 2011年3月26日/ 震災支援活動・どんぐりプロジェクト/

青年塾9期生 高瀬慎一さんのレポートです。

■3月17日
3月16日に山形 庄内空港⇒羽田空港のルートで奥さんの実家(小田原)へ一次避難完了して支援体制構築に着手して一定の目処がついたので新幹線で実家のある名古屋へ移動を決意。
東京都町田市の弊社 東京支店へ出社した際に渋谷さん@3期と合流して義援金受け取り。
名古屋到着後に家族、地元の友人達の迅速な行動により車両、日用品、食料、飲料水、ガソリン携行缶(140L)分を積み込み。
取引先(モリデンキ、エム・システム技研)からの救援物資を受け取り、積み込み。
父親と夕食を取りながら情報交換して東名で小田原へ移動。

※富士川より西側では給油事情は良好でした
※日用品は名古屋でも確保がいくらか難しい状況でした

小田原の奥さん家族からも救援物資をいただき車両(日産キャラバン)はほぼ満載状態となり「必ず無事に届けよう」と決意。

■3月18日
東名、首都高、環八、関越ルートで移動
越後川口SAで丸岡さん@14期と合流して携行缶(5L)と義援金受け取り

※ガソリン給油は上限2000円、ただし緊急車両は満タン給油可能

黒埼SAでガソリン、携行缶へ満タン給油

※新潟市周辺はガソリン事情良好(これが今回の救いでした!)

新潟市在住の同期 中山さん@9期と合流し救援物資を受け取り、積み込み
☆取引先(OMRON)からの救援物資は横浜⇒新潟(3/17夕方発送)ヤマト便で無事に到着していたので車両へ積み込み

山形へ向かっていたところ土屋さん@12期より「長井⇒山形であれば運転代わります」とのありがたい申し出があり合流して、しばしナビシートでPCにてメールチェックと携帯で各地と連携
山形駅前⇒山形県東根市へ移動して川又さん@14期と合流
山形⇔仙台の運転代わってもらい携帯で各地と連携
仙台への峠越え(約1時間)して仙台駅前を経由して最初のポイントへ

※山形県内はガソリン事情がひどく、給油は困難
※仙台駅前は外観上では大きな被害は見受けられないが電気の消えたビルが目立ち閑散としている状況
※仙台市内はガソリン事情が最悪で給油待ちの無人の駐車車両が3~5km続いていました

木皿さん@NWへ20L給油、義援金及び差し入れのおにぎり受け取り
佐藤さん@11期 北クラスへ20L給油

☆18日朝、気仙沼で行方不明となっていた父親と連絡が取れたので 「これで早速迎えにいってきます」とのことなので車に乗せられるだけの救援物資を積み込んで現地の避難所へ支援要請

東海林さん@9期へ20L給油、義援金及び差し入れ受け取り
門田さん@10期へ20L給油、救援物資引渡し
仙台市泉区の自宅内部の治安状態を確認
仙台市泉区のベースキャンプにしている猪俣さん@10期の書店へ救援物資引渡ししてライフラインが復旧していない地区への救援物資(ランタン、ツーバーナー、クーラーBOX等)受け取り
川又さんの自宅へ移動して2時頃就寝

■3月19日
山形⇒新潟へ再度上陸して携行缶へ満タン給油、ペール缶へ軽油満タン給油を決意
川又さん宅を出発して多田(片桐)さん@10期、安藤さん@11期と寒河江で合流して情報交換して安藤さんは別働部隊で新潟へ燃料確保に行動を決意
土屋さん@12期と長井で合流して長井⇔新潟の運転応援いただく
☆土屋さんも独自ルートで携行缶(30L)確保

新潟市のスタンドで携行缶にガソリン145L、ペール缶に軽油140L確保
中山さん@9期と合流して情報交換後、長井へ土屋さんの運転で移動
長井⇒寒河江へ移動して須藤さん@11期と合流して20L給油、携行缶引渡し多田(片桐)さん@10期へペール缶の軽油60L引渡し
川又さん@14期と合流して東根⇔仙台の運転応援いただく
木皿さん@NWへ20L給油、携行缶引渡し
門田さん@10期と合流して20L給油、携行缶、救援物資引渡し
☆熊谷さん@9期向けの救援物資も託しました

伊藤さん@OMORN(取引先)へガソリン20L給油
桐山さん@SOLINK(取引先)へガソリン10L給油、携行缶引渡し
川又さんの自宅へ移動して1時頃就寝

■3月20日
山形⇒新潟へ移動して中山さん@9期と合流、昼食
ガソリン満タン給油して関越⇒環八⇒首都高⇒東名⇒小田原厚木道路で
小田原に帰着
総走行距離2500kmでした。
とても一人ではやりきれない状況でいしたが各地の塾生が支援してくれた
おかげで今回の支援活動を無事に完了することができました。
心より感謝いたします。

今後の支援体制は本日、渋谷さん@3期と協議してきます。
支援内容についてはおかれている状況によりニーズが多岐にわたるため適材適所で支援できるように情報収集、取り纏めをしていきます。
まだまだ、復興には多くの皆さんのご支援が必要です。
現地現物での支援だけではなく全国の皆さんでできることを
ご支援いただけますよう心よりお願い申し上げます。

直近の最大課題はガソリン、軽油、灯油と考えています。大量の燃料を現地へ運ぶ手段に苦慮しています。どなたかお知恵があれば教えてください。
現地の皆さん、昨晩のメールでもお伝えしましたが日本全国が応援に駆けつけてくれています。
通信手段がある方はどんどん現場ニーズを連携ください。
もちろん、こちらから現地へ伺って情報収集に努めます。

共に復興に向けて力を合わせましょう!