法律に強い社員養成講座

上甲 晃/ 2011年4月2日/ 各種ご案内/

志ネットワーク 司法倶楽部
平成23年度 勉強会開催のご案内5回シリーズ

平成23年度から、5回シリーズの司法倶楽部勉強会を実施します。「法律に強い社員養成講座」と題したとおり、ご参加頂く方は、経営者ご自身に限りません。後継予定者あるいは社員の方でも構いません。

「法務部」なる名称の部署を設けている会社は実際には、大企業に限られるかと思います。しかし、中小企業であっても、社員に一人でも法律の知識を有するものがいれば、トラブル防止あるいは、トラブルに直面したときの対処方法が大きく異なります。

たとえばこんなことがありました。ある商品を購入した人が、その商品の瑕疵が原因で怪我をしました。販売元に問い合わせたところ、「商品を送ってください」とのことでした。周囲に相談しましたが、みんなが、「送ってみたら」と言うので、商品を返送しました。我々専門家から見ると、唯一の証拠物となる「商品」を相手に返品することはあ
りえません。そのようなトラブルに直面したとき・・・みなさんはどう判断されますか?

契約に関する「イロハ」を学び、実際の仕事の上で「危険察知能力」が身につけば、無用なトラブルを回避することができるはずです。そこで、契約成立から、代金回収まで問題となる法律関係、注意点などを実務の話を織り交ぜながらわかりやすく解説する勉強会を開催します。

第1回、第2回では、契約成立に至るまでとして、契約書の見方、考え方を中心とした勉強会を行います。勉強会では、代表的な契約書として、「賃貸借契約書」及び「売買契約書」を題材とします。新たに取引を行うことになり、先方から契約書が提示された場合・・・契約書からは、先方の本件契約に対する考え方、表向きの言葉とは異なる「真
意」を読み取ることができます。表向きは友好的な話をしていても・・・相手の「真意」をつかみ、有利な条件を引き出した上で契約を締結することは非常に重要なことです。まず「契約」について勉強しませんか?

お申し込みはこちら

【全5回勉強会の内容】
第1回:契約書の見方、考え方①(4月14日)
第2回:契約書の見方、考え方②(7月)
第3回:消費者契約法について(10月)
第4回:代金回収をめぐる法律問題(12月)
第5回:契約時の注意点(まとめ)(2月)

●日 時:平成23年4月14日(木)18時~20時
●場 所:第二酵素ビルエコロ4階 エコロホール
JR総武線「両国」駅東口から徒歩3分
●受講料:1回3,000円(司法倶楽部会員か代理の人)
6,000円(司法倶楽部非会員)
全5回一括10,000円(司法倶楽部会員か代理の人)
20,000円(司法倶楽部非会員)
●講師陣
講師は、上甲あおいと、同じく東京弁護士会所属弁護士今井知史氏です。
5回シリーズの勉強会を二名の弁護士で行います。

お申し込みはこちら