4/2 岩手県大槌町に支援物資

上甲 晃/ 2011年4月5日/ 震災支援活動・どんぐりプロジェクト/

東クラス2期生の宮城県花巻市の戸田さんからの現地レポートです。
自らも被災された戸田さんが救援活動に取り組まれています。
__________________

4/2 岩手県大槌町に支援物資を届けることができました。
先週に続き、今回も荒井英也さんに全面的な協力をいただきました。 支援物資はほとんど荒井さんが秋田で調達してくれました。 また、物資の代金は友情基金から全額いただきました。 深く感謝申し上げます。 今回は9期の門野幸子さんも東京から駆けつけてくれて3名、車2台で動きました。

支援物資の概要は以下のとおりです。
・ガソリン約270L
・灯油約320L
・カセットコンロ・ボンベ他 多数
__________________

前回の3/26に余震や道路事情のために大槌町に入れませんでしたので、1週間ぶりの被災地行きでした。

大槌町は今回の地震で町長や町職員多数を失った町です。 津波の被害に追い討ちを掛けるガスボンベの爆発により、広域で火災が猛威を振るいました。 そのため現地は空爆を受けた焼け野原という印象でした。
訪問先は以下の5か所でした。

1.祝田栄一さん
岩手掃除に学ぶ会で尽力されている電気工事店さんです。 会社・自宅は流されましたが、ご家族は幸いご無事でした。現在は避難場所のお寺さんに奥様と共に住いされています。事業の再起を決心して、町民への支援に奔走されておりました。

2.新田左千夫さん
同じく掃除に学ぶ会で尽力されている消防団員です。 自宅を失いながらも、団員として被災直後から消火などの活動に不眠不休の活動を続けました。 被災後は同じ消防団員のご自宅に、同様に自宅を失われた団員たちとともに 住まわれています。

3.佐々木博幸さん
私の姪の主人の実家です。姪家族の自宅が流されたために、姪家族を引き取っています。私戸田の身内にまでご支援いただいたことに大変恐縮してます。ありがとうございます。

4.町内野球場避難所
5.県立大槌高校避難所
ガソリンをお分けして来ました。

以上です。

私が去年秋に頚椎の手術をしたため、まだ重い物を持てません。荒井さんはもちろん、女性の門野さんにも重い灯油タンクなどをたくさん運んでもらい本当に助かりました。青年塾はすごいです!
__________________

今後は当面岩手掃除に学ぶ会が、毎週末に避難所の清掃活動をしてまいります。
私はその事務局を務めます。
お問い合わせがありましたら戸田までお願いします。

★あなたのまちのカーテン屋さん プリーツ☆
(有)戸田家具店
〒0250081
岩手県花巻市里川口町8-17
0198-24-1137
fax 24-9901