日米関係の今後を展望する

上甲 晃/ 2011年6月15日/ 各種ご案内/

7月13日、東京で勉強会を開催

岡崎久彦氏外交評論家の岡崎久彦さんを迎えて
 外務省の北米課長も講師に

国難と言われる状況。国内の状況が厳しくなればなるほど、国民の目は内に向かいます。そして結果的に、益々、行き詰ってしまいます。こういう時こそ、目を世界に転じるべきです。世界の動きをしっかりと見届けながら、日本のあるべき方向を考えることが大切です。

そこで、アメリカの現状と今後、そして日本とアメリカの関係のあり方について、外交評論家の岡崎久彦さんを講師に招いて、勉強会を行います。また、外務省の北米課長も、日本の立場から見たアメリカとの関係について話をしていだたくことになっています。
さらに、日本創新党の党首であり、前杉並区長の山田宏氏も話します。

日 時:平成23年7月13日(水)16時から19時まで
会 場:新橋エクセルビル地下二階
懇親会:勉強会終了後、食事会があります。但し、希望者のみ。
会 費:勉強会は、5,000円。夕食会は、プラス10,000円の15,000円。
申し込み:六月末日までにお申し込みください。

> お申し込みはこちら

岡崎久彦(おかざきひさひこ)氏
NPO法人岡崎研究所所長・理事長
生年月日:1930年4月8日

略 歴
1952年 東京大学法学部在学中に外交官試験合格、外務省入省
1955年 ケンブリッジ大学経済学部学士及び修士課程修了
1978年 防衛庁国際関係担当参事官
1981年 ジョージタウン大学戦略国際問題研究所客員フェロー
ランド・コーポレーション客員フェロー
ハーバード大学客員研究員
1982年 外務省調査企画部長
1984年 外務省情報調査局長
在サウディ・アラビア大使
1988年 在タイ大使
1992年 外務省退官、(株)博報堂特別顧問
2002年 NPO法人岡崎研究所 所長