気仙沼復興商店街の開店準備ボランテイア活動のご案内

上甲 晃/ 2011年11月28日/ 震災支援活動・どんぐりプロジェクト/

平成23年11月24日
青年塾東日本大震災救援活動委員会

志ネットワーク青年塾では東日本大震災発生以降、有志による被災地でのボランテイア活動を継続的に実施してきました。活動回数は通算21回、延べ250名以上の方にご参加いただいています。

ま た、このたびご縁を結ばせていただいている気仙沼南町復興商店街が、いよいよ12月24日(土)に開店することになりました。つきましては、「気仙沼南町 応援団」に既にご参加いただいている方々はもとより、幅広く、開店準備・引越し作業のボランテイアを募集します。どなたでも参加できます。ともに汗を流 し、僅かでも商店街の方たちに喜んでいただきましょう。

1.日程:12月16日(金)から21日(水)まで。この間、いつでも参加できます。

2.作業内容:開店準備作業がいろいろあります。

3.宿泊先:「ホテル望洋」

4.費用:各自の交通費に加え、実費(宿泊費2食付@¥7,350)ご負担いただきます。

5.活動に必要な物:軍手、マスク、タオル、懐中電灯、筆記具など。(防寒対策をお忘れなく)

6.スケジュール:
(1日目)8:30 気仙沼復興商店街集合。以後、夕方まで活動。
(各自の最終日)朝から、活動。帰りの時間に合わせて各自帰路へ。

7.その他:
a.ボランテイア保険に全員ご加入いただきます。費用は志ネットワークからご支援いただきますので参加者のご負担はありません。手続きは事務局が行います。
b.現地までの 交通手段は、公共交通機関(東京池袋から気仙沼行きの夜行バス、または東北新幹線で一ノ関駅下車しバスや鉄道で気仙沼駅へ)をご利用ください。夜行バスは 「けせんライナー」。予約制で早めに完売しますので、HPなどでご予約ください。前泊は、気仙沼の他にも、一ノ関駅前のビジネスホテル(東横インなど)に 泊まれば、当日の大船渡線の始発で間に合います。詳しくは下記事務局へご遠慮なくご相談ください。
c.期間中は現地に青年塾生の世話人がおり、皆さんのボランテイア活動をサポートさせていただきます。

8.現地の状況
a.気仙沼市街地は、地震・津波・火災からの復興が進みつつあります。気仙沼南町復興商店街は、プレハブ2階の建物が当初計画の3棟から7棟に増え、52店舗が入居準備に取り組んでいます。
b.今でも津波のため陸に乗り上げた船がそのままになっていたり、交差点の信号が使用不能の状態で警察官の交通整理に頼るなど、震災の影響があります。

申込の締切日は、12月7日(水)です。

以上