青年塾関西クラス 篠山講座のご案内

上甲 晃/ 2014年1月5日/ 青年塾/

篠山講座

青年塾 関西クラス17期生
年間テーマ「志行合一」講座テーマ「創造」~まちを彩る、人と心~

1999年4月 兵庫県 丹波篠山地方において、後の”平成の大合併”の先駆けとなる新たな市が誕生しました。

『篠山市』
旧 多紀郡篠山町・今田町・丹南町・西紀町の4町が合併し誕生したこの市には、「篠山城下に広がる情緒ある景色」「江戸時代から変わらない佇まいの古民家集 落」「日本六古窯の丹波立杭焼」「特産物で色濃い農業」など、各々のまちで受け継がれてきた地域固有の文化資源が、今日もまちに光を灯し続けています。多 くの文化資源が点在する篠山市。魅了された人々が独自の活動を行い、まちの活性化に取り組んでおられます。そして、そこから繋がる輪が、まちに様々な彩り を添えてくれます。
篠山市では”市民活動を主体としたまちづくり”として2014年1月 ユネスコ創造都市認定を目指し活動しています。篠山講座では、何かをつくり上げる際に生じる”繋がり・輪”について、「魅力あるまちづくり」に挑戦し続ける現場から学びます。

【創造都市】
一般に「創造都市」とは、地域固有の文化や資産を活かしたまちづくりが活発に行われ、その活動が新しい価値や文化、産業の創出につながり、市民の暮らしの豊かさを高めていく都市、と定義されています。
※「篠山市創造都市推進計画 (H25.9)」より抜粋

【丹波立杭焼 陶芸体験】
誰 かを思い、ものをつくる。出来上がるまで、その人に出会うまで。作り手は想い続けます。それが誰かの手に渡り、ようやく胸を撫で下ろす。勿論そのあとも、 その人を思い、つくったものを懐かしみ、ものづくりの記憶はずっと心に置かれます。誰かの為にものを作ることは、まちづくりにどこか似ています。今ある資 源を活かし、作り、伝え、残す。それが今はまだ見えない人であっても、情熱を込めたものには、受け取る誰かの心に輪を繋げます。篠山のまちを実感し、つく る作品は、思いが詰まったひとつになりそうな予感です。
※陶芸体験では箸置きを作ります。その箸置きは入塾式で18期生に出会います。

講座のご案内

日 時
平成26年1月25日(土)、26日(日)
集合時間
平成26年1月25日(土) 8:45(JR篠山口駅)
宿泊場所
旅館 たにだ
〒669-2335 兵庫県篠山市乾新町79
TEL.079-552-0568
解散時間
平成26年1月26日(日) 16:30(rizm)
参加費
関西クラス現役生 27,000円(前泊 32,500円)予定
他クラス現役生・一般参加・NW会員 22,000円(前泊 27,500円)
※前泊時の夕食代は含んでおりません
準備物
マイ箸、マイコップ、マイ雑巾、マイ灰皿、エプロン、三角巾、雨具、入浴セット、洗面具、着替え、筆記用具、掃除・調理のできる服装、坂の上の雲⑤・⑥巻
※街並み散策がございますので、履きなれた靴、もしくはスニーカーでお越しください
服装
私服(青年塾にふさわしい服装でお願いいたします)
※防寒着を必ずご準備ください
締め切り
平成26年1月17日(金)
講座リーダー
関西クラス17期 大江 達也(おおえ たつや)

スケジュール

開始時間 内容 場所
1日目/1月25日(土)
09:30 開講式 鳳凰会館
10:00 【講話】酒井 隆明 様 (まちづくりと志)
11:10 【講話】小林 一三 様 (河原町の説明)
11:30 河原町妻入商屋群 散策
12:10 昼食/たしなみ発表 初田屋
12:50 移動(徒歩、自家用車)
13:50 篠山チルドレンズミュージアム 見学
14:30 【講話】垣内 敬造 様 (地域住民を巻き込む「参画と協働」) ハートピアセンター
15:30 食事研修
【講話】細川 泰貴 様 ① (食について)
※提供食材使用予定
19:15 移動(自家用車)
20:00 輪読 旅館「たにだ」
21:10 塾長と語る
22:10 入浴
23:30 就寝
2日目/1月26日(日)
05:40 起床 旅館「たにだ」
06:30 朝の集い 篠山城跡
07:00 掃除研修
08:30 朝食 旅館「たにだ」
09:30 移動(自家用車)
10:30 丹波立杭焼 陶芸体験 各窯元
12:00 移動(自家用車)
12:30 【講話】吉成 佳泰 様 (土の広がりと人の繋がり) rizm
13:30 昼食/育みの実践
14:30 【講話】細川 泰貴 様 ② (古民家再生について)
14:50 講座アウトプット
15:40 閉講式