青年塾北クラス 小樽講座・18期生入塾式のご案内

上甲 晃/ 2014年4月22日/ 青年塾/

『青年塾』北クラス18期生 各位

志ネットワーク
『青年塾』塾長 上甲 晃

前略
お元気でお過ごしですか。この度は、ご縁があって、私の主宰する『青年塾』第十八期生としてご入塾いただけること、大変うれしく思います。
「良 き縁は、良き運の始まり」。この度の出会いのご縁が、お互いにとって、新しい運を開いていく大きなきっかけとなることは、大変ありがたいことです。私も、 この出会いのご縁を生かすために、全力を尽くしてまいる所存です。あなたもまた、大いに期待して、初めての講座にご参加ください。
別紙、今回の入 塾式と関連の研修のご案内をお送りします。今、先輩が、準備にいそしんでくれています。誰でも、最初は緊張します。参加することに気が重くなるのも、例年 のことです。しかし、二日間の研修を終えて帰路につく時、きっと、「これからが楽しみだ」と思っていただけるはずです。
特に、今回講座を開催する小樽は、『青年塾』としては初めての開催地です。そこには、「この地で、どうしても新しい塾生を迎えて上げたい」という、十七期生諸君の熱い思い入れがあります。どうぞ、ご期待ください。
小樽でお目にかかれること、楽しみにしています。なお、万一参加できない場合は、事前に私宛にその旨のお便りをお送りください。
※参加の費用は、当日徴収します。
※集合と解散の時間は変わりません。内容については、変更もあり得ることをご承知おきください。

草々

『青年塾』北クラス・小樽講座のご案内

■講座テーマ 「未来を切り拓こう!」
札幌市と隣接する小樽市は、観光の町として全国的に有名な都市です。
特に運河周辺には、年間約400万人もの人が訪れます。今や重要な観光資源になっている運河を、戦後、地域経済復権のため埋め立て、道路整備する計画をしました。一方、それに反対して、運河を保存すべきだという市民活動が起こりました。
長 年の保存運動がきっかけとなり、当初の計画の一部が変更され、現在の観光地・小樽の舞台が形づくられたという歴史を、ほとんどの人は知りません。その市民 活動をしたリーダーの主張に、『過去の歴史は次の世代の歴史の土台である。蓄積された歴史、文化の上に現在の町があり、未来の町もまた現在を含めた過去の 歴史の上に成立つ』とあります。
そんな歴史のある町、小樽で新入塾生のみなさんを心からお迎えして、共に、運河周辺を散策し、私たち自身の未来を考える講座にしたいと思います。

■開催日時
平成26年5月10日(土)~11日(日)
■集合時間
5月10日 8:30にJR小樽駅改札口に集合
※車でお越しの方は、「小樽天狗山本館」に、直接お越しください。
■宿泊場所
天狗山本館  〒047-0023 北海道小樽市最上2丁目16-22
TEL 0134-33-6944      TEL 0134-22-0771
■解散場所・時間
5月11日 16:30予定
日和山灯台 (予)
〒047-0047 北海道小樽市祝津3丁目24
■参加費用
およそ28,000円の予定です。
■持ち物
筆記用具、myセット(箸、箸置き、コップ)、雑巾、スリッパ、灰皿(喫煙者)、タオル・入浴セット・洗面具・寝間着(宿舎のアメニティは使いません)、着替え、傘、雨具、動きやすい服装、運動靴、移動用バッグ。
※当日は、スーツ着用にてご参加ください。
宿題の「地大豆」と「美しい食べ方」のレポートもご持参ください。