青年塾北クラス 旭川講座のご案内

上甲 晃/ 2015年2月21日/ 青年塾/

講座テーマ

前例のない町おこしとそこに住む芸術家達の熱い志
旭川市の東に位置する大雪山の豊かな自然に囲まれた東川町。
蛇口をひねればミネラルウォーター!なんと上水道の普及率は0%!
町全体を盛り上げるユニークな企画の数々や制度は、人々の心を掴んで離しません。
今回はどれだけの熱い想いで町を盛り上げてきたのか、具体的にどのような事をやり成功したのかを知り、アイデアを出し合い挑戦し続ける事の大切さ学びます。

また四季の豊かな自然を求め、個性派溢れる芸術家が全国津々浦々から集まります。
どうしてこの場所を選んで移住してきたのか? そこには皆様それぞれ様々な理由があります。今回の講座では、そんな芸術家達の現場にお邪魔をして、肌でその想いを体感します。またこだわりの作品群には、思わず目を奪われてしまいます。

また2日目の夕食の【居酒屋りしり】は東川では大変な有名なお店です。
母親が築いた地元との絆を受け継ぐ2代目店主の中竹様の当たり前のメニューにとことんこだわったお料理は絶品です。そちらの方も是非楽しみにして下さい。

今回の旭川講座では、東川町の町としての取り組みと、そこで芸術を作り上げる方々にスポットを当て、彼らの熱い想いと後々まで伝えたいメッセージを伝えて頂きます。
また最終日には、木工品や陶芸の芸術家達が実際に物を作る現場での実体験を行い、そこから見える風景や雰囲気を自らの肌で味わってもらうという企画も用意しております。

講師紹介

■東川町 町役場産業振興課商工観光振興室 室長「矢ノ目 俊之氏」
「前例のある事はやらない」「他の町との比較はしない」というのをモットーに、東川株主制度、君の椅子、写真の町宣言など様々なアイデアで人々を魅了して きた東川の概要を語って頂きます。また矢ノ目氏がどのような熱い志を持ってこの町を盛り上げて行こうと考えているのかを語って頂きます。

■プロ写真家「奥田 實氏」
理想の地を探し回り1986年に埼玉県から東川へ移住。
「ここではあらゆるものを自分の手で作り出さなければいけない、しかしそうする事で感受性や体力、感性が研ぎ澄まされてきた。」と語る奥田氏が10年の年月をかけて作った渾身の力作、「生命樹」。
種から成長するまでの過程を独自の方法でアレンジをし、これまでに誰も考えた事もない全く新しい写真集が出来ました。身近にある草花や木々を今まで誰も考 えた事もない視点でとらえ、植物や野菜などの身近なものの命の凄さを伝える奥田氏の飽くなきこだわりと、納得するまでやり通す粘り強さを奥田様の手作り感 満載の美しいご自宅にお邪魔をさせてもらい語って頂きます。

■家具メーカー 北の住まい設計社「則末 雅敏氏」
親から子供、それに孫に渡って親子三代100年使って欲しい飽きのこないシンプルなデザインの家具。シンプルで飽きのこないデザインはわかるが、どうして100年なのか?
そこには、深い理由がありました。次の木々が育つまでの時間なのです!
見ればすぐにわかると思います。大量生産は出来ないですが、生態系に無理をかけずに安心して使える物を!と願いを込めて作られた作品は別格です。
熱い想いは東川町のみに留まらずに、今では全国各地からファンを集め、東川町を代表するスポットとなりました。
今回はその物作りの過程を80年以上も使っているという小学校の廃校跡から圧倒的な臨場感のある現場で、渡辺社長と共に最も長く働いていて、その志を創業時から共有している則末氏にお話を伺います。

なぜこの町にはこんなにも芸術家が多いのか?それは町との相性が抜群だからです。
新生児に椅子をプレゼントするという東川町の企画を代表する「君の椅子」は家具の町、東川町だからこそできるユニークな企画です。
それに一年に一度行われる写真甲子園。これも「写真の町、東川」だからこその企画です。
しかし、これらは東川町を支える数々の試みのほんの一部にすぎないのです。
ここには、その他にも様々な取り組みがあり人々の心を掴んで離しません。
今回の講座では東川町の取り組みが、どれほど独創的でなおかつ効果的なのかを目の当たりし、魅力的な町おこしとは何かを知る事が出来るでしょう。

講座要項

日  時
平成27年3月6日(金)~8日(日)
集合時間
平成27年3月6日(金) 12:00開講式開始
旭川空港または旭川駅の到着時間に合わせお迎えにまいります。到着時間お知らせ頂きますようお願いいたします。
解散時間
平成26年3月8日(日) 13:30 閉講式終了
集合場所
開講式会場・キトウシ森林公園内研修センター
解散場所
〒071-1404 北海道上川郡東川町西4号北43
参 加 費
34,000円
※OB/OGに限り、実費
※一般参加者と志ネットワークの参加者は、現役塾生と同一
準 備 物
マイ箸、マイコップ、マイ雑巾、マイ灰皿、防寒具、洗面具、着替え、筆記用具、入浴セット、現役生は掃除・調理用の服装、エプロン、三角巾、坂の上の雲 5.6巻
服  装
とても寒い時期なので、出来る限りの暖かい格好でお越し下さい。
締  切
平成27年2月28日(土)

講座スケジュール

時間 内容 場所
3月6日(金)
10:00 集合・会場設営 森林研修センター
11:00 志道ミーティング
11:30 18期食事
12:00 開講式
13:00 塾長と語る
15:00 食事研修
18:00 夕食
19:00 矢ノ目俊之様講話
「東川の町おこしと実例」
21:00 入浴 キトウシ高原ホテル
22:00 就寝
3月7日(土)
6:00 起床 各ケビン
7:00 朝礼 キトウシ高原ホテル駐車場
8:00 坂の上の雲輪読 ケビンA
9:30 準備・移動
10:00 北の住まい設計社見学 北の住まい設計社
13:00 移動
13:30 プロ写真家 奥田實様講話 奥田様ご自宅
14:30 移動
15:00 嗜み発表・食といのち、感想 森林研修センター
16:45 トイレ清掃
17:30 着替え・移動
18:00 夕食 居酒屋りしり
20:00 移動
20:30 入浴 キトウシ高原ホテル
21:30 ミニ写真甲子園 テーマ志 発表 ケビンA
22:00 就寝 キトウシ高原ホテル
3月8日(日)
6:00 起床 各ケビン
7:00 朝礼 キトウシ高原ホテル駐車場
8:00 育み発表 森林研修センター
9:00 移動
9:30 工房体験 各工房
12:00 移動・準備
12:30 閉講式 キトウシ研修センター
13:30 解散