青年塾ボランテイア隊の植樹祭のご案内

上甲 晃/ 2016年2月26日/ 震災支援活動・どんぐりプロジェクト/

青年塾森の防潮堤ボランテイア隊長 渋谷金隆

あの大震災から5年が過ぎようとしています。
息長く、また遠くからでも支援ができると始めた私たち青年塾森の防潮堤ボランテイア活動も4年目になります。
皆様にはご参加いただきありがとうごさいます。

さて昨年初めて、第1次里親の皆さんが育てたドングリの苗木を東北で植樹することができました。
あんなに小さかったドングリが苗木になったことに感謝し、そして命のバトンタッチを繰り返し未来の人たちのかけがえのない命を守ってくれることを祈りました。

今年の植樹祭が決まりましたのでお知らせ致します。
昨年は岩沼市主催の植樹祭に参加させていただきましたが、今回は私たち青年塾森の防潮堤ボランテイア隊が森の防潮堤協会様のご協力のもと初めて植樹祭を開催することに致しました。
お誘いあわせの上ぜひご参加ください。

尚、遠方でもあることからご参加できない方には、苗木を宅配便でお送りいただければ、参加者で心を込めて植樹させていただきます。
また参加者も持参が困難な方は、宅配便でお送りいただければ現地にお運びいたします。

日  時
5月7日(土)
※希望者は、解散後、気仙沼へのオプショナルツアーがあります
会  場
宮城県岩沼市「千年希望の丘」
内  容
  1. 自分で育てたドングリ苗木を森の防潮堤つくりに役立てるために植えます。
  2. それだけですと樹種が偏るので、その他の種類の苗木も併せて植えます。(事務局でご用意します)
  3. 植樹地の雑草取りをします。(これも大事な植樹作業です)
参加対象者
ドングリ里親、青年塾生、志ネットワーク会員、その社員・家族・友人。50名まで(先着順)
持 ち 物
汚れてもいい服装と靴、軍手、帽子、タオル
移植ごてやバケツは、事務局で用意します。
(注意)植樹地は斜面です。普通の靴では泥が入りやすくなります。長靴、軽登山靴、スパッツなどが便利です。
会費(実費)
3,000円(持参以外に植える苗木代、昼食など)・学生無料
オプショナルツアーは、約15,000円
締め切り
4月10日まで
注 意 点
  1. 5月28日(土)に岩沼市主催の植樹祭が同じ会場で開催されます。
    参加ご希望の方はHPなどで検索しお申込みください。
  2. 今回の植樹祭で植樹するのは、当会で斡旋し育てていただいた東北のドングリ苗木のみです。
  3. 植樹に適する苗木は概ね30cm以上(地表からの樹高)です。来年も植樹祭を行う予定ですのでご無理なくお願い致します。

スケジュール

5月7日(土)
9:30 JR仙台駅中央口改札口 または 仙台空港 集合(以降、レンタカーで移動します)
10:30 植樹祭開始
13:30 終了
その後、場所を移して、昼食、青年塾森の防潮堤ボランテイア隊の総会を行います
16:00 仙台空港にて解散(JR仙台駅にはアクセス線で約30分)
オプショナル・ツアー(希望者のみ)
16:00 仙台空港発(以降、レンタカーで移動)
19:00 気仙沼 着、民宿にて宿泊
5月8日(日)
午前中 支援先の「海べの森をつくろう会」へのボランテイア活動、交流、防潮堤と復興状況の視察など
午後 南町復興商店街で昼食
17:00 JR仙台駅解散